PageTop

花街

  1. ホーム
  2. 京の花街
  3. 舞妓について

舞妓について

だらりの帯にお座敷かごを抱え、「おこぼ」をはいた姿でおなじみの京都花街の舞妓は、本来は芸妓になるため修業中の少女のことです。以前は10歳とか13歳も珍しくなかったのですが、現在は中学校卒業後からに限られています。置屋(おきや)・屋形(やかた)に住み込み、1年ほどは「仕込み」といい、置屋での手伝いや行儀作法、京の花街言葉、舞踊などを学びます。その後、約1か月間「見習い」としてお姉さん芸妓と一緒にお座敷などでの実習を経て「見世(店)出し」=舞妓デビューとなります。

舞妓について
舞妓について
©公益財団法人京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)