PageTop

公演・イベント情報

祇園小唄祭

舞妓が最初に習う舞踊曲であり、一人前になった後も毎日のように舞う『祇園小唄』。昭和5年に生まれ、五花街に受け継がれるこの唄の功績を讃え、毎年11月23日に円山公園で「祇園小唄祭」を開催しています。当日は歌碑の前で舞妓が歌詞を朗読し、花をお供え。この行事はどなたもご覧いただけ、歌詞カードの配布も行なっているので、ぜひご来場ください。

祇園小唄祭
  • 歌碑
  • 献花
  • 歌詞カード配布
©公益財団法人京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)