PageTop

花街

  1. ホーム
  2. 京の花街
  3. 五花街の紹介・沿革・流派

五花街紹介・沿革

現在、京都には祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、
祇園東の5つの花街があり、
これを総称して
五花街(ごかがい)と呼んでいます。

祇園甲部

江戸・寛永年間から八坂神社の門前で茶屋街として栄えてきました。その後、明治14(1881)年、現在の祇園東が分離され、新しく祇園甲部としてスタート。京都市東山区の東は東大路通、西が鴨川、南北は建仁寺から新橋通に囲まれた、重要伝統的建造物群保存地区の祇園白川地区を含む京都で最も大きな花街。お茶屋、料亭などの伝統建築と石畳みの格調高いたたずまいが特徴。舞踊は京舞井上流。芸舞妓による春の舞踊公演「都をどり」は、第1回京都博覧会関連事業として明治5(1872)年に三世井上八千代によって創始され、今日に至っています。秋の舞踊公演は「温習会」。紋章は八個のつなぎ団子に「甲」の字。

祇園甲部

祇園甲部歌舞会・・・京都市東山区祇園町南側570-2 TEL(075)561-1115

祇園甲部歌舞会・・・京都市東山区祇園町南側570-2 TEL(075)561-1115

宮川町

鴨川左岸、京都市東山区の宮川筋二丁目から六丁目のあたりに、いかにも伝統の花街らしいはんなりとした風情の街並み。地名の由来は、四条以南の鴨川が八坂神社の神輿洗い神事が行われるために宮川と呼ばれていたことなどにちなむと伝わっています。江戸時代初期の慶長年間、四条河原発祥の出雲阿国(いずものおくに)の歌舞伎踊りの時代に始まり、以後、歓楽街となって発展した当地で、歌舞伎などの芸能と深くかかわりながら茶屋街として発展。舞踊は若柳流(わかやぎりゅう)。春の公演は「京おどり」、秋には「みずゑ會」が開かれます。紋章は、三つ輪。明治時代、寺社と町屋と花街の三者の結合をイメージして定められたと。

宮川町

宮川町歌舞会・・・京都市東山区宮川筋四丁目306 TEL(075)561-1151

宮川町歌舞会・・・京都市東山区宮川筋四丁目306 TEL(075)561-1151

先斗町

京都市中京区の四条通から三条通一筋南まで通じる南北500メートルほどの鴨川右岸に沿った細い通り。そこに、紅殻格子(べんがらこうし)のお茶屋や置屋、飲食店などが立ち並び、東西の無数の路地には飲食店も多く心浮き立つ風情。語源も諸説ある先斗町ですが、正徳2(1712)年ころから、鴨川大普請で鴨川と高瀬川の間に作られた新河原町通に、高瀬舟の船頭や旅客目当ての旅籠(はたご)屋などができたことが始まりとされ、幕末から現在のような花街となって繁栄してきました。舞踊は尾上流(おのえりゅう)。春(5月)に「鴨川をどり」(明治5年創演始)、秋には「水明会」が開かれます。紋章は鴨川に接する花街らしく舞い飛ぶ千鳥。

先斗町

先斗町歌舞会・・・京都市中京区三条大橋西詰 TEL(075)221-2025

先斗町歌舞会・・・京都市中京区三条大橋西詰 TEL(075)221-2025

上七軒

京都市上京区の北野天満宮に近接し繁華街にある他の花街とは違う落ち着いた雰囲気が漂う。室町時代中期(15世紀半ば)に北野天満宮再建に使った余材で7軒の茶屋が建てられたのが起源とされ、天正15(1587)年、北野大茶会を催した豊臣秀吉がその名物の御手洗団子を大いに気に入り茶屋株を公許して以降、茶屋街となったとされています。主に京都を代表する絹織物産地の西陣と結びつきながら、独特の格式と風情の花街として発展してきました。舞踊は花柳流(はなやぎりゅう)。春の公演は「北野をどり」、秋には「寿会」が開催されます。紋章は秀吉のエピソードにちなみ、まるく交差する五つ団子。 

上七軒

上七軒歌舞会・・・京都市上京区今出川通七本松西入ル真盛町742 TEL(075)461-0148

上七軒歌舞会・・・京都市上京区今出川通七本松西入ル真盛町742 TEL(075)461-0148

祇園東

京都市東山区の東大路通と花見小路の間で四条通北側の通り三本(東富永町・中末吉町・新橋)にまたがり、京都を代表する繁華街に位置。明治14(1881)年、祇園甲部から分離独立、膳所藩京屋敷跡から再出発し、その後、「祇園新地」を経て祇園東となりました。近代的な風景の中に、伝統的なたたずまいのお茶屋の建物が、当地の氏神である赤い鳥居の「観亀神社」と並んでしっとりと建つ姿が印象的。舞踊は藤間流。「祇園をどり」は京都花街で唯一秋に行われる舞台公演、夏には長唄、清元、お囃子などの発表会「ゆかた会」も開かれます。紋章は八個のつなぎ団子。

祇園東

祇園東歌舞会・・・京都市東山区祇園町北側319 TEL(075)561-0224

祇園東歌舞会・・・京都市東山区祇園町北側319 TEL(075)561-0224

©公益財団法人京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)